Ghostでブログを作ってみる(インストール編)

2014_web_353

COPYCAT.TOKYOの中でJavaScriptの勉強会をしようと思ったのですが、JavaScriptを勉強するといってもすごく幅広いのでどうやって勉強するのがいいかあれこれ考えてみました。
とりあえず何か動くものを作りながら分からないところは調べながら勉強するというのが楽しく勉強できて一番の近道な気がするので、今回はGhost(ゴースト)というJavaScriptベースのCMSをインストールするところからテンプレートをMARKETPLACEで配布するまでを数回に分けてブログにまとめてみます。

Ghost

 

Ghostってなに?って方も割とたくさんいると思うのでGhostの簡単な説明から。

GhostはNode.js + SQllite3 + Handlebars.js で構築できる、ブログを書くことに特化したオープンソースのシステムです。
GhostProject(言い方あってるかな?)はKickStartarで£196,362(¥27,467,823)を資金調達しました。
MarkDownという記法でブログを編集できます。

難点というほどでもないのかもしれませんが、Node.jsを使用するので動作するサーバーを選びます。
とりあえずレンタルサーバー借りてインストールすればいいんでしょって進めたら動かなかったってことになるかもしれないので、導入前には事前にサーバー環境を調べてから進めてください。

Node.jsとnpmをインストール

nodejs

今回は、とりあえずMacのローカル環境にGhostをインストールするんですが、その前にNode.jsとnpmのインストールが必要です。
1.Node.jsのサイトにアクセスして”INSTALL”ボタンをクリックするとnode-v#.##.##.pkg(#はバージョン番号です)がダウンロードされます。
2.node-v#.##.##.pkgがダウンロード出来たらダブルクリックでインストールします。

  • ようこそNodeインストーラの画面で「続ける」をクリック
  • 使用許諾契約画面で確認後「続ける」をクリック
  • クリックすると再確認画面がでるので問題がなければ「同意する」をクリック

※ 必要であれば「カスタマイズ」ボタンを押してインストール先を変更してからインストールして下さい。

  • アカウント・パスワード入力のダイアログが表示されたらパスワードを入力して「ソフトウェアをインストール」をクリック
  • インストールが完了すると「インストールが完了しました」という画面が表示されます
  • インストールが完了したらTerminal.appを起動してnode -vと入力するとv#.##.##とバージョンが表示されます

これで、Node.jsのインストールは完了です。

Ghostのインストール

次は、Ghostのインストールです。

1.Ghostのサイトにアクセスしアカウントを作成してログインします。

sign_up

2.ログインできたら、ページ右側のGET THE CODE ボタンをクリックします。

3.DOWNLOAD GHOSTボタンを押すとghost-#.#.#.zipのダウンロードが始まります。

download

4.ダウンロードしたzipファイルをダブルクリックして展開します。

5.Teminal.appを起動し、展開てできたghost-#.#.#フォルダをTeminal.appドラッグ&ドロップします。

6.ターミナルにnpm install --productionと入力します(productionの前に–とハイフンが二つ入っていることに気をつけてください)。

npm_production

7.npmがインストールを終了したら、続けてnpm startと入力すれば、Ghostが開発用モードで起動します。

npm_start

8.ブラウザから127.0.0.1:2368にアクセスすると作成されたGhostブログが表示されます。

welcome

9.ブラウザで127.0.0.1:2368/ghostにアクセスし管理者アカウントを作成します。

admin_input

10.続けてGhostの管理画面が表示されます。

welcome_admin11.これでGhostのインストールは完了です。

You may also like...